動画マーケティング

動画の魅力を”正しい”マーケティングで

こんにちは

アルソネックスです

動画活用や動画制作に関して皆さまの

お役に立つ情報を発信していきたいと

思いますのでよろしくお願いいたします!

 

最近改めて注目を集めている「動画」をより

上手に活用し、マーケティング成果に繋げる為に

動画活用に関する基礎的な情報をお伝えします

 

日常生活の中でどのくらい

動画を見ているでしょうか?

 

能動的にYouTube動画などを視聴する場合も

あれば、SNSなどに流れてくる動画を受動的に

目にすることもあると思います誰で

も気軽に動画を制作・配信できるようになった

今、動画に接触する機会は数年前より

格段に増えているかと思います

 

 

加えて5Gがスタートしたことにより

動画配信がより高速&安定化し

動画の流通量がさらに増加するだけでなく

動画を配信できる面や広告枠も

今後格段に増えることが予想されています

 

 

つまり、企業のマーケティングシーンでも

コンテンツとして、あるいはコミュニケーション手段の

一つとして動画がますます有効な手段になっている

ことは間違いなく、適切に活用すれば

高いマーケティング成果を期待できるでしょう

動画の「強み」

動画の「強み」について

動画には様々なメリットがありますが

「情報伝達量が多い」

「わかりやすく説明できる」

「記憶に残りやすい」の3つです

1情報伝達量が多い

動画はコミュニケーションを構成する

「言語」「音声」「ビジュアル」という3要素に加え

時間軸をもった表現ができることから

情報伝達力が非常に高いと言われています

1分の動画で180万字分

Webページ3600枚分の情報を

伝えられるといったデータを

見たことがある人も多いと思います

高い情報伝達力が、人々の記憶に残りやすく

人の表情などの周辺情報まで

伝えられることが出来ます

2. わかりやすく説明できる

動画には「動き」で物事を伝えられる

という大きな特徴があります

そのため、言葉だけでは説明しきれない

複雑なサービスを図解や動きで解説したり

無形商材をアニメーションなどで

具象化してその価値をわかりやすく

訴求したい場合に適していると言えます

3. 記憶に残りやすくなる

動画は「動き」だけでなく「音」という

テキストや画像にはない重要な要素

を備えているという点も大きな強みです

言語だけでなく、言語と音を同時に

視聴することでより記憶に残りやすく

なるというデータがあります

一番大切なのは

マーケティング課題を解決

マーケティング目標を達成することであり

そのための手段・ツールとして動画が

最適なのかを判断することが大切です

 

ABOUT ME
nagaoshou
元海上自衛官・名古屋を拠点に webサービスを展開 働きたくても働けない方へ 寄り添い一緒に生きてゆく

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA