プログラミング

Society5.0と政府の構想【ITパスポート】

国家戦略特区(スーパーシティ)構想

第四次産業革命を実現する「丸ごと未来都市をつくる」という政府の取り組みを指す。スーパーシティは住民目線でよりよい未来都市をつくることを目指しています。例えば、自動運転、キャッシュレス、遠隔医療、遠隔教育などのサービスがあり、それらのサービスの効率化のために、さまざまなデータを収集し共有します。このデータを管理する仕組みをデータ連携基盤といいます。

国家戦略特区法(スーパーシティ法)

スーパーシティ構想を実現するための規制改革に関する法律が国家戦略特区法(スーパーシティ法)です。

官民データ活用推進基本法

Society5.0の実現に向けて、官民に散在するデータの利活用を推進する法律。国や地方自治体は、国や地方自治体、民間企業が所有しているデータを誰でも無料で利用できるようにする取り組みを義務づけられています。

デジタル社会形成基本法

デジタル社会についての基本理念やデジタル庁の設置などについて定めた法律です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA