プログラミング

【Google Trends】Pytrends

Pytrendsの実行

試しに”Python”でGoogle Trendsを実行して、
Matplotでグラフ化してみます

kw_list = ["Python"]
df = pytrends.build_payload(kw_list,cat=0,timeframe='today 5-y')
df = pytrends.interest_over_time()
df.plot()

各コード解説

kw_list = [“Python”]

ここでは検索クエリを指定しています
今回は”Python”で検索したいので、Pythonを代入しています
一度に3つのキーワードまで指定できます。
そのときは,(カンマ)で区切ります
例:

kw_list = ["Python","Ruby","JavaScript"]

pytrends.build_payload(kw_list,cat=0,timeframe=’today 5-y’)

ここではGoogle Trendsを実行するときのパロメータを設定しています

kw_list

検索するキーワードが入る変数です

cat

ここでカテゴリーの指定ができます
下記はほんの一例です
詳細はこちらで確認できます

0 All categories
3 Arts & Entertainment
5 Computers & Electronics
7 Finance
8 Games

timeframe

ここではデータを集計する期間を指定できます

all 全期間を集計します
YYYY-MM-DD YYYY-MM-DD 日付指定 —-年–月–日 ~ —-年–月–日
YYYY-MM-DDTHH YYYY-MM-DDTHH 日時指定 —-年–月–日–時 ~ —-年–月–日–時
today 数字-y 今日から過去〇年間

日付指定する場合 (2021年11月01日~2021年11月31日)
timeframe = "2021-11-01 2021-11-31"

日時指定する場合 (2021年11月15日01時~2021年11月15日22時)
timeframe = "2021-11-15T01 2021-11-15T22"

過去〇年間 (過去3年間)
timeframe = "today 3-y"

パロメータはほかにもあります

geo

ここでは国コードを指定できます
コードはISO3166-1に準拠しています
下記は一例です

日本 JP
アメリカ US
中国 CN
ドイツ DE
ロシア RU

gprop

ここでは検索対象をフィルターできます

4つのパロメータがあります

images 画像
youtube YouTube動画
news ニュース
froogle ショッピング

pytrends.interest_over_time()

このコードで時系列変化を取得できます

df.plot()

ここではMatplotlibという描画ライブラリを用いています

このコードを書くとグラフを描画してくれます

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA